2006年12月24日

M‐1グランプリ

チュートリアルは抜群に面白かった。満場一致なのも当然だわな。
逆にチュートリアル以外イマイチでチュートリアルに救われた大会
だったような気がする。

フットもネタはまあ面白かったけど、一度優勝してる彼らが勝っても
面白味がないというか…。何か物足りなさが残ったと思う。

麒麟と笑い飯は明らかにレベルが下がったというか、ピークを過ぎちゃった
んじゃないかと思う。昔のネタが面白かっただけに見る方も期待しちゃう点も
あるんだろうけど、それを差し引いても今日のはイマイチだった。
殻を破らないとこの2組はヤバいぞ、多分。

そしてそんな不出来な2組が決勝に残る3位争いだったのも問題。
他の芸人達はそれ以下だったって事だからね。
変ホ長調は面白かったけどネタが毒舌ネタだけに勝ち上がるのは不可能
だよなぁ。先があるのかもわからんし。
それ以外のはまだまだ未完成感バリバリ。
あんな出来の悪い麒麟と笑い飯を軽く蹴落とすぐらいの芸人に出てきて
欲しいもんだ。
posted by ざり at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。